化粧・化粧品の基礎知識
2017年03月31日更新 2017年03月31日公開

アイライナーは何のために使う?その種類と使い方

「アイライナー」は、目元をより魅力的に仕上げるために使用したいメイクアイテムのひとつです。ここでは、ドクター監修の記事のもと、アイライナーを使用する目的や種類、タイプ別の使い方などを詳しく紹介します。

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、「目」は顔の中でも重要なパーツのひとつです。その目をより印象的にするために使用したいのが「アイライナー」です。種類やラインの引き方など、詳しく見ていきましょう。

アイライナーの役割

フルメイクの中でも目元で使用するアイライナーには、目の形を強調して大きく見せるという役割があります。アイライナーはペンシルタイプやリキッドタイプなど、種類も豊富ですが、いずれもまつげを濃くみせてくれるため、印象的な目元にする効果が期待できます。

アイライナーの種類

アイライナーは、大きく分けると「ペンシル」「リキッド」「ジェル」の3つ分かれます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

初心者におすすめのペンシルアイライナー

初めてアイラインを描く方には、ペンシルタイプがおすすめです。まつげの隙間を埋めるように使用することで、自まつげを濃くみせることができ、綿棒などを使ってぼかせば、ナチュラルに仕上げつつ、目をしっかりと大きく見せることができます。

ペンシルアイライナーについては、『初めての方はコレ!ペンシルアイライナー』をご覧ください。

より印象的に仕上がるリキッドアイライナー

リキッドアイライナーは、筆ペンやフェルトペンなどさまざまな筆先があり、力加減で太さを調整できます。肌にしっかりと色がフィットして、乾くとにじみにくいという特徴がありますが、ペンシルアイライナーのように、後からぼかすことはできないものが多いですので、ハリウッド女優のような、くっきりとした印象の顔に仕上げたいときなどに使用しましょう。

リキッドアイライナーについては、『印象をより強く!リキッドライナーの基本』をご覧ください。

いいとこどりのジェルアイライナー

ジェルを筆にとって使用するタイプのジェルアイライナーは、太さを調節してキリリとしたラインが描けるだけでなく、ぼかせるものも多いため、ペンシルアイライナーとリキッドアイライナーのよいところが1つになったメイクアイテムです。ただ、ジェルは乾燥すると固まる性質があるため、使用後はブラシをきれいに拭いたり、固まってしまったらリムーバーを使用してお手入れしたりする必要があります。

ジェルアイライナーについて詳しくは、『ぼかしもキリリも自由自在!ジェルアイライナー』をご覧ください。

これ以外にも、水を含ませたブラシで固形のアイライナーを溶かしながら使用するケーキタイプがあります。

美しくアイラインを引くコツ

紹介したさまざまなアイライナーを使用して美しいアイラインを引くためには、ペンシルなどの持ち方も重要となります。基本は、先端から3~4cmの部分を鉛筆のようにしっかりと持つことです。そして、手首を頬に軽く当て、そこを支点にしながら先端を動かすのがうまく引くコツです。初心者の方や慣れていない方は、持ち方もしっかりと練習しましょう。

引き方は「隠す」と「見せる」で印象が違う

アイライナーは、使用する種類だけでなく、引き方によっても印象が変わります。引き方は、ラインを「隠す」もしくは「見せる」の2パターンです。

自然な印象になる「隠すアイライン」

目を大きく見せることが目的の隠すアイラインは、ラインそのものが主張せず、まつげを濃く見せて目の形を自然に際立たせる手法です。そのため、隠すラインを一本線で描くのではなく、まつげの間を点でつなぐようなイメージで入れるのがポイントです。このタイプのラインは、細かなタッチでラインを入れることができるペンシルタイプが適しているといわれています。最後にぼかせることで、自然な印象の目元に仕上がるでしょう。

はっきりとした印象の「見せるアイライン」

隠すアイラインとは対照的で、ラインが主役になるのが見せるアイラインです。太さを自在に調節できるリキッドタイプが向いているといわれています。くっきりとした目元がグラマラスな印象に仕上げてくれるでしょう。

目のタイプ別の引き方

目にはさまざまな形があります。ここでは、目のタイプ別におすすめの引き方を紹介します。

二重はライトなカラーがおすすめ

二重は、まつげ1本1本の間を埋めるようにラインを入れ、まぶたのキワにラインを引くことで、二重を邪魔しない目元になります。ただ、キワに入れる色を濃くすると、一重に見えてしまうことがあります。また、アイメイクが濃くみえすぎて、怖い印象を与えかねないため、黒よりもブラウンなどのライトなカラーを使用するのがおすすめです。

奥二重はアイラインで二重の幅を引き立てる

奥二重は、二重の幅を崩さないよう、細めのアイラインで太さを調節しながら丁寧に入れるのがポイントです。また、まつげ間の隙間が目立つと二重のラインをきれいに見せることができないといわれているため、隙間もしっかりと埋めて目の形を強調することが大切と言えるでしょう。

一重はバランスが大切

一重の場合、ラインを入れてもまぶたで隠れてしまうことがあります。そのため、目尻を引いてから、目を開いたときのバランスを見つつ、全体にラインを引いていくのがおすすめです。また、アイホールに寒色系のカラーを入れることで、アイラインが効果的な目元を演出できるでしょう。

アイラインをにじませないための対策法

出掛ける前に丁寧に仕上げても、時間の経過とともにラインが崩れたり、にじんでしまったりしてパンダの目のようになってしまうことがあります。その主な原因は「油分」といわれています。ここでは、アイラインのもちをよくするために覚えておきたい油分の対策法を紹介します。

余分な油分を吸収

まばたきをすることから、アイラインを引く部分に皮脂がたまりやすいといわれています。また、メイク前のクリームやオイルを使ったスキンケアも、この油分がアイラインをにじませる原因のひとつとなるといわれています。そのため、油分を多く含む化粧品の使用は控えるようにしましょう。もし、テカテカして脂っぽいと感じたら、ティッシュなどを使って軽くまぶたを押さえて油分を吸収させることで、アイラインのもちがよくなるといわれています。

ベースメイクにひと工夫

ファンデーションには多くの油分が含まれていることが多いです。そのため、まぶたには指先やスポンジに残ったものを薄く伸ばしてつける程度がおすすめです。また、油分が少ないとされているコンシーラーを薄く伸ばしてつけるのもよいでしょう。仕上げに油分の少ないパウダーをのせることで、アイラインがきれいに引きやすくなるだけでなく、余分な皮脂や汗を吸収してにじみにくくする効果も期待できます。

「化粧・化粧品の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play