化粧・化粧品の基礎知識
2017年03月31日更新 2017年03月31日公開

アイシャドウの基本のキ!その種類と役割

目元が変わるだけで、顔全体の印象は大きく変化します。その印象を大きく変えるために目元に使うメーキャップアイテムがアイシャドウです。今回は、ドクター監修の記事にてアイシャドウの基本をご紹介します。

アイシャドウは、目元の印象を魅力的にしてくれるメーキャップアイテムの1つとなっています。アイシャドウの使い方1つで印象は大きく変わってきますが、その基本をあまり押さえていない人も多くいるようです。そこで、この記事ではアイシャドウの基本についてご紹介しましょう。

アイシャドウの役割

アイシャドウは、目元を化粧することで印象を変えることができる化粧品などを指します。ですが、もともとはアイホールと呼ばれるまぶたに陰影を付けるメイク法のことを指すようです。アイシャドウによって目の周りの光と影のイメージを変えることで、顔をより立体的に見せることができます。

メイクは自分の短所を隠すものではなくて、長所を伸ばすものといわれています。アイシャドウを使えば女性本来が持つ長所をより伸ばすことができるとともに、なりたい雰囲気やその日のファッションに合わせることも可能です。

アイシャドウの種類

アイシャドウによって自分の魅力を高めるためには、まずはその種類を把握しておくことが重要となってきます。アイシャドウは大きく分けて3つに分けられますが、その3つの特徴について押さえておきましょう。

パウダーアイシャドウ

もっとも一般的なアイシャドウとなるのが、パウダータイプのアイシャドウです。パウダー型のアイシャドウはふんわりと発色するのが特徴で、簡単にグラデーションを付けられます。また、自然な発色によって陰影も簡単に演出することができます。

パウダーアイシャドウは陰影を付けるのが簡単なだけでなく、脂分を吸収してくれるという効果もあります。脂分が発生するとメイク崩れの原因となり、目元はよく動かすので脂分もよく出てくるといわれています。その脂分をパウダーアイシャドウならば吸収してくれるため、メイクがにじむのも防いでくれるというのもメリットです。

クリームタイプ

アイシャドウにはクリームタイプも存在しています。クリームタイプはパウダーアイシャドウよりも密着し、一度塗るだけで目元をより発色さえるのが特徴です。また、アイメイクの下地に使うことでパウダーアイシャドウの密着度を上げることもできます。目元をより強調したいときなどに使われるようです。

クリームタイプならば、サッと塗るだけで目元を印象付けてくれるのもメリットと言えます。また、パウダーアイシャドウに比べると粉が散る心配もないため、テクニックが無くても手軽に使うこともできます。

グリッター・ラメタイプ

パウダーアイシャドウの粉よりも粒子が粗いものを、グリッター・ラメタイプと呼びます。どのアイシャドウよりも輝きが強く、より目元の存在感を上げる効果があるといわれています。そのため、手軽にアクセントを付けたいときに使われることが多いようです。まぶたにそのまま付けようとすると付着しづらいため、クリームタイプのアイシャドウと併用して使うとノリがよくなります。

アイシャドウをきれいに塗るためのツール

アイシャドウはそれぞれの特徴を把握するとともに、それをどのようなツールを使って塗るのかも重要になってきます。ここでは、アイシャドウをより印象的にしてくれるツールや塗り方についてご紹介していきます。

チップでメインカラーや締め色を塗っていく

アイシャドウのメインカラーや締め色を塗るときは、チップを使うのが効果的といわれています。シャドウを塗ったチップを使いながら、最初に置いた場所から徐々に薄くなるように塗っていきます。少しずつ丁寧に広げていくことで、キレイなグラデーションを演出できます。チップを使うのではなくて、指でも同じような動作でグラデーションを作ることができるようです。

ブラシでハイライトカラーをのせる

ブラシを使うことで、アイシャドウによる印象を明るいものにすることができます。特に、ブラシでハイライトカラーをのせていくのは一般的な方法となっているようです。ハイライトカラーには目元のくすみを光で飛ばす効果や、メインカラーやミディアムカラーの発色をきれいに見せてくれる効果が期待できます。

ブラシは中間色のアイホールを塗るにも最適

さらにブラシは、ミディアムカラーを入れていくときにも使うのがいいようです。ハイライトカラーとメインカラーの境目にグラデーションを作るように塗るのがポイントで、メインカラーと少しだけ被る位置からアイホールの中間に向かうように少しずつ塗っていきましょう。ブラシを縦にして扇をイメージしながら動かすのがコツです。また、中間色を最後にのせることで、メインカラーとハイライトカラーの境目をぼかすことも可能となり、より簡単にグラデーションを作ることができます。

「化粧・化粧品の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play